SDGs
持続可能な開発目標

私たちの小さな行動が
「持続可能」になる。

私たちの活動

 

安全な水とトイレを世界中に

客室のシャワーヘッドを節水タイプに変更

全客室のシャワーヘッドを節水タイプにすることで、過剰使用を防止する対応を行いました。限りある水資源を将来にわたって使用可能にするため取組みとして行いました。
 

 
 

つくる責任・つかう責任

プラトンビアガーデンでの提供方法を一新

例年夏季開催のプラトンビアガーデンでは、これまで大皿料理での提供をメインで行っておりました。営業終了後に、お皿に料理が残っていることが多く、何かフードロス削減に繋がる方法がないか検討しました。そこでお一人様お一人ずつ取って頂ける小皿やカップでの提供に変更しました。
 

 
 

つくる責任・つかう責任

災害時の「非常食」のアレンジメニューを考案

賞味期限が迫っている等で大量に捨てられてしまう非常食のフードロスも大きな社会問題になっています。当館では、非常食でも美味しく召し上がるレシピを考案しています。学生の皆様に興味を持って頂くため、四日市大学、四日市看護医療大学の学生食堂でも期間限定で販売させて頂きます。
 

 

客室シャワーヘッドを節水タイプに変更

料理の提供方法変更
非常食アレンジ考案

 

SDGsとは

Leave no
One behind.

持続可能な開発目標 
SDGsとは

 

2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された、2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)社会の実現に向けて、世界のあらゆる国々が取り組むこととされています。

 

一緒に取り組める活動

あらゆる資源の無駄遣いを減らす行動が未来へと繋がります。必要な分だけ利用し、必要な分だけ召し上がる。こういった一人一人の行動は未来の子どもたちやその先の未来へも大きな希望になります。ホテルという大きな箱の中で様々なSDGsに関わる行動が発見出来ます。一つ一つが小さなことでも、全国のホテルで同じ活動、行動が生まれると、一つ一つが大きくなります。みなさまの職場や私生活でも、同じようにSDGsを意識した行動を起こすことで未来は大きく変化します。一緒に未来をつくりませんか?